上に戻る
秩父市長 久喜くにやす

久喜くにやすから市民の皆様へ

昨年、完成した新しい秩父宮記念市民会館では、市民オペラの上演やクラシックバレエ、NHKのど自慢の公開放送などをはじめ、様々な催しが開催されました。
今後も駅からほど近いこのホールの利点を活かして、市民の皆さまはもとより、秩父地域外からのお客様にも楽しんでいただける会館となっていくと期待しています。 

 

さて、私は3期目として、秩父市を「日本一しあわせ」にしていくため、市民の皆さまとともに「発展・充実・運用」をキーワードに今年も諸施策に取り組んでまいります。 

今年は、特に「環境立市ちちぶ」を全面にエネルギーの地産地消への足掛かりをつくります。
豊富な森林資源や秩父の地形的特徴を生かして生み出されるクリーンエネルギーを秩父地域内で循環させ、雇用を創出するとともに新たな行政需要にも応えます。
また、行政の情報や秩父地域内で行われるイベントなどの情報をわかり易い形で提供する仕組みにより、さらに行き届いた情報の開示にも努めます。 

さらに、市民の皆さまが強く求めている働き場を確保するために、企業誘致に力を入れます。そのためにも幹線道路の慢性的な渋滞の解消に向けての対策をしていかなければなりません。これには、国・県との連携強化はもちろん、秩父地域1市4町で強力に進めているちちぶ定住自立圏をさらに推進します。

皆さまとともに手を携え、子どもたちをはじめ住んでいる人も訪れる人も笑いあい、高齢の方々も健康で楽しく暮らせる秩父市を目指します。 今年も、市政に対する変わらぬご理解、ご協力を賜りますとともに、市民の皆さまにとって輝かしい年となりますことを心からお祈りいたしまして、年頭のごあいさつといたします。

 

久喜くにやすLINE@登録

秩父市のホットな話題を配信していきます。

★登録方法はこちら↓↓

■スマホの方:
下記のURLをタップ後、「追加」ボタンにて登録できます。

↓↓ タップ↓↓
https://line.me/R/ti/p/%40nqq5748d

 

■パソコンの方:
下記のURLをクリックした後、QRコードが表示されます。
その後スマホにてLINEアプリを起動して、 [その他]タブの[友だち追加]でQRコードをスキャンして[追加]ボタンをタップで登録できます。

↓↓ タップ↓↓
https://line.me/R/ti/p/%40nqq5748d

更新情報(H30年春版)

■トップページのインフォメーションコーナーを更新しました。↓↓
■後援会ページを更新しました。「秩父トピックス」コーナーもご覧ください>>
「笑顔と共に」ページを更新しました>>

インフォメーション

~皆様、ご存じですか?~

1 全国山・鉾・屋台保存連合会総会の開催

  • 今年12月1日と2日に全国山・鉾・屋台保存連合会常任理事会の総会が、秩父市で行われることが正式に決まりました。
    ユネスコ登録の33団体が参加します。

2 新たな秩父市観光大使

  • テレビ等多方面で活躍中のアキラ100%さん (お笑いタレント・近戸町出身)、クララ・ボダンさん (モデル、女優・フランス出身)が「秩父市観光大使」に新たに就任されました。

    クララ・ボダンさんは、トラベルブロガーとして秩父にフランス大使館関係者をはじめ、大勢の外国人観光客を連れてきていただいています。

3 「伝統文化に親しむ日」の制定

  • 7月 20日(川瀬祭)および 12月3日(秩父祭)を「伝統文化に親しむ日」と制定し、小中学校、および幼稚園の休業日としました。
    秩父市の次代の担い手である子供たちが伝統文化にふれ、絆を深めることに期待しています。

4 大滝総合支所の移転・業務開始

  • 大滝総合支所、大滝保健センター 、大滝公民館、秩父図書館大滝分館は、3月12日に旧大滝中学校に移転し、 業務を開始しました。

5 地域新電力会社の設立

  • 電力の地産地消を目指して設立します。当面は、公共施設への電力の供給を行う予定です。
    その後条件が整い次第、企業や一般家庭への電力供給を目指します。
    詳しくはこちら>>

6 移住相談

7 学力レベルの向上

  • この3年間で小中学生の学力レベルが向上しました。
    特に小学校の全国学力テストにおいて、秩父市の多くの学校で埼玉県並びに全国の平均点を上回りました。

8 秩父独自の英語教育への取り組み

  • 日本人コーディネーターを配置して、外国人英語教師(ALT)と担任の先生との仲介を行い、協力して分かりやすい英語授業を行っております。
    詳しくはこちら>>

政治理念

~久喜くにやすの原点~

座右の銘

和を以って貴しと為す

【意味】
何事をするにも、人々が争わず、理解し合い、尊重していくこと。